経済的リスク軽減にために行う不動産投資

不動産投資を考えるとき、一戸建て、区分所有マンション、アパート一棟など対象は様々です。
建物には減価償却がつきものなので、いずれ価値がなくなっていくことを考えると、土地付きアパート一棟を所有している場合が有利だと考えられます。
なぜなら建物が老朽化して価値がなくなったとき、建て替えることもできれば駐車場にすることもでき、更地にして戸建用地にして売るなど、複数の利用の仕方が考えられるからです。

ただし、こうしたことを行うにはそれなりの知識や手間がかかります。
サラリーマンなどの本業を持ちながら不動産投資をしようとするのなら、本業に差しさわりのない範囲で、無理なく続けられるものの方がいいのではないでしょうか。

区分所有マンションは建て替えなどについては自分ひとりで決められませんが、仲介売買や賃貸管理などの運用システムが完備されているので手間がかからないと言えます。
鉄筋コンクリート住居用建物は47年で減価償却するという規則があります。
そのためマンション一室を投資用に購入した場合、建物が老朽化する前にいかに資金を回収して利益を上げられるかが大事です。
また、部屋が空き室になって家賃が入らなくなることも考えられます。

こうしたリスクは複数の物件を所有することで避けることができます。
すべての部屋が空き室になることはないでしょうし、築浅の物件を買い足すことで、老朽化のリスクを軽減できます。